【決定版!】加齢臭対策に人気 石鹸・ボディーソープ! > 加齢臭 悩み > 午後になると加齢臭がきつくなるのはなぜ?

午後になると加齢臭がきつくなるのはなぜ?



加齢臭は午前よりも午後の方が臭いがきつくなる

加齢臭は午前よりも午後の方が臭いがきつくなるのはご存知でしょうか。

朝の時間帯や午前中は周囲の人も普通に接してくれるのに、午後になるといきなり態度が変わる。なにか避けられている感じがする。こんな悩みを抱えている中高年の方も少なくはないと思います。

中高年の悩みの一つが加齢臭ですよね。自分の臭いは自分では気付きにくい所があるのでなかなか自分の臭いを知る事はできません。そのため、加齢臭を発していても自分では気付く事ができないんですね。

加齢臭を嫌う人は多く、自分の近くに加齢臭を発する人がいると「どうしても避けてしまう」「あまり近くにいたくない」という人は多いです。

加齢臭は皮脂の分泌が多ければ多いほど臭いも発しやすくなり、午前中よりも皮脂が出ている午後の時間帯はどうしても加齢臭が出やすくなってしまうんですね。

午前中は普通に接してくれていた会社の同僚も午後になると自分の近くによってこない。こんな経験がある人は加齢臭を発してしまっている可能性が高いですよ。

先ほども言いましたが、加齢臭を嫌う人は多く、臭いがきつい人は避けられる傾向にあるので日頃から加齢臭対策を行う事は大事です。

加齢臭の原因は身体の中にある

加齢臭対策を行う際、多くの方がまずは身体の清潔を保とうとするんですね。

入念に身体を洗う、デオドラント製品をつける、という対策を行う人が多いんですが、身体の清潔を保っていても加齢臭を防ぐ事はできないんですね。

加齢臭の原因は身体の内側にあり、この内側に潜んでいる原因にアプローチをしなければ加齢臭を防ぐ事はできません。いくら身体の清潔を保っていてもすぐに加齢臭が発生してしまいます。

加齢臭の原因と言われているのはノネナールという物質です。

ノネナールは身体の酸化が原因で発生する臭いを持った物質です。人間の身体は40代辺りから身体の細胞がどんど酸化していきます。加齢が原因で酸化することもありますし、不規則な生活習慣・食生活が原因で酸化する事もあります。

体内にノネナールが充満してしまうとノネナールは血液に溶け込んでしまい、血液に乗って身体全身に行き届きます。そして、汗として身体全身から身体の外側にでます。これが加齢臭になるんですね。

午後の時間帯は皮脂の量が多いから臭いもきつくなる

午後の時間帯になると加齢臭がきつくなるのは単純に皮脂の量が増えるからです。

朝起きてから活動をすると自然と身体全身から汗がでてきます。自分では気づきにくいですが、午後の時間帯になると結構な汗をかいているんですね。

上記でご紹介したとおり、加齢臭の原因は体内で発せするノネナールです。このノネナールが汗に混ざって出てきてしまうと加齢臭を発してしまうので皮脂の量が多くなればなるほど加齢臭も発しやすくなるいという事です。

加齢臭を抑えるには!?

加齢臭を抑えるには身体の酸化を防ぐ事が必須です。不規則な生活習慣、食生活を送っていると身体はどんどん酸化していってしまうので日頃から規則正しい生活習慣、食生活を心がける事が大事です。

そうする事で身体の酸化を防ぐ事ができ、加齢臭の原因物質と言われているノネナールの発生も防ぐ事ができますよ。

また、消臭成分が含まれている緑黄色野菜やポリフェノール、カテキンなども意識して摂取する事で体内に溜まった臭いを消臭する事もできます。

身体の内側から対策を行えば加齢臭は抑える事ができるので加齢臭対策を行う際には、まず身体の内側に目を向けていきましょう。

以下のページでも加齢対策について詳しくご紹介しているので一度、目を通してもらいたいと思います。

⇒身体の内側からの加齢臭対策
⇒加齢臭を抑えてくれる成分
⇒加齢臭対策はどう行えばいい?