汗をかけばかくほど加齢臭は発しやすい



汗のニオイと加齢臭のニオイが混ざり合ってきつくなる

加齢臭と体臭などの不快なニオイは、気持ちのよいものではないですよね。

高温多湿となる日本の夏。外に一歩出ただけで、ダラダラと流れるように汗が出てきたりします。

汗が出るのは、体温が上がりすぎないようにするためですよね。

汗をかくと気になってくるのがニオイになります。

実は、汗そのものは悪臭を放つものではないのをご存じでしょうか。

汗は、わずかな塩分が含まれているだけでほとんどが水分になり、ニオイは無臭で汗をかいてもすぐに蒸発してしまうのです。

ですが汗そのものに臭いはなくても、汗をかいても拭いたりしないで放置すると、そこに雑菌が繁殖し悪臭を発生してしまいます。

このようなことから、汗臭いにおいが体臭として発生するのです。

本来、無臭のはすである汗。

汗がニオイを発生するには約1時間程度かかるので、それまでに汗を拭いたり洗い流したりして肌を清潔に保つことができたら、汗のニオイが強く出ることはありません。

しかし汗対策ができなかった場合、加齢臭を持っている人であれば汗のニオイと加齢臭のニオイが混ざり合ってそれぞれのニオイよりも強いものとなってしまいます。

臭いは、いろいろな種類が混ざり合うと激しくなるのです。

そのため汗をかけばかくほど加齢臭のニオイが強くなると思われますが、実は二つのニオイが混ざり合うことで強くなっているのです。

汗をかくことで加齢臭のニオイが強くなるのを予防するには、汗をかいたらすぐに拭くようにしたり、下着や服を着替えるなどの対策をして清潔を保つようにするのが大切です。

悪い汗をかいてしまうと加齢臭のニオイも強くなる

そして、汗をかくことが少なくなるとベタベタした悪い汗をかきやすくなります。

悪い汗をかいてしまうと加齢臭のニオイも強くなってしまいます。

加齢臭を予防するには、悪い汗をかいてしまう原因を知り改善する必要があります。

原因の一つとして、汗をかく機会がないということがあります。

今はどこへ行っても空調が整えられ、快適に過ごすことができるのが当たり前になっています。

何処へいっても適温なので、汗をかくことがほとんどなくなっています。

心地よく暮らせるのはとてもありがたいことなのですが、汗腺を使う回数が減ってしまいますよね。

汗をかかないということも臭いをキツクします。

汗をかく機会がないと、汗腺に角質や皮脂などの汚れがたまってしまいます。

このような状態でたまに汗をかくと、皮脂などの老廃物も排出され増々ベタベタの悪い汗をかいてしまうのです。

よい汗をかくためには、軽く運動をすることが大切です。

汗をかかないことに運動不足も原因の一つになりますよね。

運動をするのは、健康面でも良いとされています。

汗腺を正常に働かせるためにも汗をかく運動などは必要です。