加齢臭を発しやすい人の特徴



加齢臭が強い人には共通点がある

加齢臭が発生しやすい目安と言われているのが40代になりますが、原因は加齢だけではありません。

特に、食生活の乱れ・運動不足・喫煙などが原因で加齢臭が発生しやすくなります。

加齢臭が強く出ている人と、それほどではないという人を比べると、とても大きな違いがあると言われています。

加齢臭が強い人とはどんな特徴があるのでしょうか。

食生活

加齢臭が強く出ている人は、肉類などの脂っぽい食べ物を好んで食べる人が多いです。

逆に、野菜や果物などを食べることはほとんどなく不足しています。

肉や脂っぽい食べ物は、たっぷりと脂質を含みます。

たくさん食べることで、皮脂の分泌量が増えてしまうのです。

この皮脂が、酸化・分解することで加齢臭が強くなってしまうのです。

野菜や果物には、ビタミンC・Eなど抗酸化作用がありますよね。

これらが不足していることで皮脂の酸化を抑える働きが弱くなり加齢臭が発生してしまうのです。

お酒

お酒をよく飲む人も注意が必要!

皮脂分泌をする黄体ホルモンが過剰に出たとき肝臓が分解してくれるのですが、お酒をたくさん飲んでいると肝臓が正常に働いてくれなくなります。

分解が間にあわなかった黄体ホルモンは、皮脂の分泌量を増やしてしまいます。

その他に、タバコを吸っていたりストレスが溜まっていることも加齢臭には影響を与えてしまいます。

どれも加齢臭を強くしてしまうことですので、生活習慣を見直していきましょう。

日々の生活を少し改善するだけで加齢臭は抑えられる

年齢が重なることで加齢臭が発生するのはある程度は避けることができませんが、日々の生活でちょっとだけ気をつけるだけで抑制することはできます。

1・脂質を抑える

皮脂分泌が活発になる、肉類やあぶらぽい食べ物は控えるようにしましょう。

加齢臭という言葉は、言われ始めてまだまだ日の浅い新しい言葉です。

欧米化の食生活が浸透したことも、加齢臭の原因にもなっているのです。

ファストフードやレトルト食品、肉類などの食事は控えるようにしましょう。

2・ストレス

いっけん、ストレスと加齢臭は関係がなく思えますが、実は深く関わりがあります。

ストレスが溜まることで過酸化脂質が活発になり分泌も促進してしまいます。

このことからストレスが加齢臭を強くしてしまう可能性が高いです。

加齢臭が出始める40代は、バリバリ働く年齢になりますし、さまざまなことでストレスを多く感じる時期でもありますよね。

ストレスを回避するのは難しいので、上手にリフレッシュしてストレスをためないようにしましょう。

その他にも、ニオイケアをしたり、防臭効果がある下着を身に付けたりするのも効果的です。

加齢臭は生活習慣をちょっと見直すと抑制できることもあります。

年齢だからしょうがないと諦める前に、日々のケアなどを心がけましょう。