加齢臭の臭いを嫌う人は多い



日本人は臭い敏感

加齢臭は年齢を重ねるとどうしても出てくるものです。それは男性だけではなく、女性にも発生します。

ですが「加齢臭」と聞くと、「中年のおじさん特有のニオイ」とイメージされることが多いですよね。

脂臭かったり、チーズっぽい臭いがしたり、表現のできないニオイを発している人もいます。

臭いが1つに決まっていないのは、もともと持っている人それぞれのニオイも関係しますよね。

街ですれちがったり、通勤電車でよく会うステキな男性でもあのニオイがすると残念に思ってしまいます。

あのニオイ・・・加齢臭のニオイはどんなものに例えられるのでしょうか。

・ロウソクの臭い
・チーズの臭い
・古本の臭い
・脂の臭い
・青臭いニオイ
・古いタンスの臭い
・押入れの中の臭い

などがあります。

体内から老廃物として分泌されたノネナールが汗や肌についている常駐菌と混ざり合うことで独得な臭いが発生するのです。

体をいつも清潔にしているから大丈夫、なんて思ってはいけません!

ちょっとでも自分から加齢臭がするなと感じたら、加齢臭対策をしましょう。

特に40歳ころから加齢臭は徐々に発生しやすくなるので、その年齢以上の方は注意が必要です。

日本人は臭いには特に敏感なので、加齢臭を嫌う人は多いですね。

無臭を好む人が多いので、良いニオイと言われている香水なども苦手や不快と感じる人も多いです。

外国の人は、個性の一つとしてニオイをとらえているのでそれほど気にならないようです。

日本人がニオイに敏感なのは、もともと体臭が少ないということが関係しているでしょう。

自分では自分の臭いに気づくことが難しいため、周りの人にどう思われているかとても気になりますよね。

特に、男性は女性にどのように思われているのか気になるのではないでしょうか。

男性よりも女性の方が背が低いことが多いので、男性のうなじや耳のあたりに女性の鼻が高さになることがあります。

そのことから、女性は加齢臭のニオイを感じやすいと言われています。

香水で加齢臭対策をするのは逆効果

さらに嫌われるのが、加齢臭を消そうとして香水などの他の香りをつけてしまうことです。

加齢臭+香水、この2つの臭いが混ざり合うことでなんとも異様なニオイを放ってしまうのです。

よほど香水に詳しい人でしか手を出してはいけない加齢臭対策となりますので、香水でごまかそうと思わないでくださいね。

自分から加齢臭がしているんじゃないか?と心配な場合は、身近な人などに聞いてみるのも良いでしょう。

もしも少しでもニオイが出ていたり、ニオイが強かったら、早目に加齢臭対策を始める必要があります。

加齢臭を出していることで、避けられることも考えられますので気を付けましょうね。