中高年のみんなが加齢臭を発するの?



加齢臭は中高年になると誰でも発生する可能性がある

ある程度の年齢になると気になってくる加齢臭。

他の人から臭いがしてくると、もしかして自分も・・・?と心配になってしまいますよね。

加齢臭は、中高年になると男性も女性も誰でも発生する可能性があります。

では、この加齢臭は大体何歳くらいから発生してくるかご存じでしょうか。

50~60歳くらいと思われている方も多いかもしれませんが、実は40歳くらいからニオイが発生すると言われいます。

しかも、加齢臭のニオイの元となる物質は30代頃から徐々に発生しているそうですよ。

男性は、だいたい40歳くらいころからちょっとずつ出てくるようになり、とても気になってくるのは50歳をこえた辺りからと言われています。

30~40歳代の男性が家族から指摘されるニオイは、加齢臭のノネナールが原因となっていないことが多く、だいたいの場合は別の物質のジアセチルが原因のミドル脂臭になるようです。

女性は男性よりも遅く加齢臭を発するようになる

女性は男性よりも年齢的には遅くなっています。

だいたい閉経を迎える50歳頃に前ぶれが見られはじめ、本格的に実感し始めるのは60歳以降が多いようです。

一般的に女性より男性の方が加齢臭がすると言われるのは、女性は女性ホルモンに守られているためノネナールの発生が男性よりも少ないからだそうです。

年齢を重ねることで、だんだんとニオイが強くなっていく加齢臭。

臭いがキツクなっていくのは、しょうがなくどうすることもできないと考えている人もいるようです。

加齢臭をできるだけ抑えるために食生活や生活習慣を改善する

ですが、諦めないでください!

加齢臭対策でできることは、「加齢種の臭いを強くする原因を排除する」ことでニオイを少なくすることが可能です。

加齢臭をできるだけ抑えるために、食生活や生活習慣の改善をしましょう。

食生活

加齢臭のニオイの元の原因であるノネナールの発生を予防するためには、抗酸化作用のある食事を心がけましょう。

野菜や果物に多く含まれているビタミンC・ビタミンEは、抗酸化作用があるので積極的に摂取したい成分です。

脂肪分の多い、肉・バター・ファストフードなどを食べていると皮脂腺から分泌される脂肪酸の量が増えてしまいます。

できるだけ脂肪分の多い食べ物は控えるようにし、野菜中心のバランスのとれた食生活をしましょう。

生活習慣の改善

お酒やたばこは活性酸素を作ってしまうので、加齢臭のニオイを強くする原因となります。

たばこはビタミンCを消耗してしまうので、足りない分を補わなくてはいけなくなります。

たばこは口臭の原因にもなりますので、加齢臭対策をするには控えるのが望ましいでしょう。

普段の生活を少し変えるだけで加齢臭対策をすることができる

普段の生活を少し変えるだけで、加齢臭対策をすることは可能です。

皮脂の分泌や酸化を抑えることで、加齢臭の予防をすることはできます。

体の外側からの対策でできることは、加齢臭専用の石鹸を使って皮脂をしっかりと洗い流すことが大切です。

普通のボディーソープでも落とすことはできますが、消臭力や抗菌作用がある加齢臭専用のものを使うと効果を実感することができるでしょう。